あこがれのリーバイス

 どうだろうか。リーバイスと聞いて、かのコカ・コーラと共に日本をアメリカナイズした商品の重要な一つと思う人はどのくらいいるだろう。
 当時、ジーンズショップというお店自体が珍しく、その店に入ることがなにかしらファッションの世界に足を踏み入れるようで、少しドキドキしたものである。
 それまでの学生服=スラックスみないなところにジーンズという、文字通り「カッコイイ」服が登場したのである。
 リーヴァイ・ストラウスが創業したリーバイスは、布地を変えたりしながら丈夫ではきごこちの良い作業用ズボンとして製造・販売し、大当たりした。映画の中でマーロン・ブランドがLevi’sを、ジェームス・ディーンがLeeを着用し、単なる労働着=ジーンズをファッションとして一躍その名を高からしめたのは有名な話である。

 我々もこのジーンズなるものを穿いてみたいものだと思ってはいたが、学校はこれを認めたがらなかった。だが、それがジーンズを敬遠した理由ではない。ジーンズを穿けなかったのは、日本人の胴長短足という米国人との致命的な体型の違いがあったからである。典型的な日本人体型の私は、それに加えて腿が太いということもあり、大体がスリムな作りのジーンズが足を通らないのである。短足は何度も折り返すか、裁断すればいいだけの話だが、足が入らないと言うのは致命的に思えた。勿論サイズを大きめにすればいいのだが、ダフダフのジーンズってちょっと当時のイメージとは違ったんだよね。
 今であれば、大きくても小さくても、そんなの関係なし。ストーンウォッシュ加工もあたりまえ、何でもありである。でも、当時は違った。ピチッとしたスリムなジーンズこそがカッコ良かったのである。
 私は、つるしの(?)ジーンズを触ってみて、これ、ゴワゴワして穿きにくそうだよね、などと言って立ち去ったものである。
 だが、これが実に柔らかく体にフィットするということが分かったのは、初めて一緒にドライブした時の、結婚前の美少女のジーンズを触ったときからだった。(これ以上は言わないよ。)
 とにかく、それ以降、私もダフダフでもいいからジーンズを穿くようになった。実に着心地は良い。最近は、もっとらくちんな作務衣を着ることが多くなったが、外出時には結構重宝している。

 ここで紹介するリーバイスイーショップ(LEVI’S E-SHOP)は、リーバイ・ストラウスジャパン社の直営通販サイトで、ジーンズの原点にして頂点である「リーバイス501」を中心に、デニムジャケットやアクセサリ、ビンテージなど多彩なアイテムやアウトレットを販売している。熟年と言われるようになった我々こそジーンズに似合う年に成長したのではないか。
 ごゆっくり、ご覧ください。

 1915年からLevi’s 501 に採用されている、伝統のコーン社ホワイトオーク工場で織られた狭幅のデニムファブリックと耐久・耐摩耗に優れた機能ファブリックコーデュラ サイロンをコンビネーションで使用。
 最適なタウンユースをテーマにリュックサックとトートバッグ、ウエストバッグの3スタイルを展開。ともにリンスとリアルな経年変化が映えるウォッシュドタイプを用意しています。