魚沼産コシヒカリサイトの宣伝を以下にちょっと紹介します。参考になりますでしょうか。

コシヒカリの特徴

 現在では人気で日本全国の30%以上がコシヒカリを栽培しているといわれています。コシヒカリは「美味しいお米のバランス」が良いこと。でんぷんの主成分である、粘りが少ないアミロースと粘りが強いアミノペクチンの配合が絶妙な粘りを出しています。また、コシヒカリに含まれる程よい水分量もその食味を大きく左右しています。

日本穀物検定協会による米の食味ランキング、最高の「特A」を得たコシヒカリの産地の中でも、新潟県の魚沼産が一番高値で取引されています。コシヒカリの味の良さは、新潟県を始めとする産地での高品質米の旨さが口伝えにより多くの消費者に定着したといえます。

新潟県の中でも、コシヒカリ三大銘柄は、魚沼、佐渡、岩船と言われ、大変希少価値の高いお米として知られています。

「魚沼産コシヒカリ」は、豪雪でも有名な新潟の魚沼地区で栽培されております。魚沼地方は全国一の良質米産地として非常に有名で、自然あふれる土地、澄んだ水ときれいな空気が全国食味検定「特A地区」として魚沼産コシヒカリを生み出しています。登熟期(稲穂が実る時期)の気温が22℃~25℃であり、昼夜の温度差が大きいことなどの気候風土も相まって稲作にとって理想的な環境を作り出しています。

「新潟こだわり市場へ!」ホームページより http://www.uonuma-koshihikari.net/pc/koshihikari.html

贈り物に:米どころ新潟県人が薦めるこしひかり