これは我らが幼き日に文字通り「ビックラ」した商品でありました。
 そしていまだこの商品から離れることができません。開発側もあれやこれや開発の手を入れているようですが、今やどれを食べてもそこそこ美味しいという「いい」レベルに達しているようにも思います。外食産業としても受け入れられているんだろうなとは思います。ひょっとしたら、日本の「すし」とか「ぎゅうどん」などとは比較にならないほどの需要があるのかもしれません。
 まあ、それはどうでもいいのですが、少なくとも「インスタント」ラーメンの味は行列のできるお店ほどの味は出せているような気がします。毎日同じラーメンを食べ続ける程のラーメンカルトではないので、ちょっとずつ違った味を味わってみたいと思います。
 昔は、醤油味・味噌味・塩味と相場が決っていたものですが、最近は「えっ」こんなのが(失礼)という様々なラーメンが開発されているようです。辛口、甘口、烏賊墨・蛸足、蛤・蜆、山菜・キノコが入っていたり、たかがラーメン、されどラーメンという感が強いですね。
 最近、生ラーメンというのが流行のようですが、生ラーメンもとても美味しいですが、(揚げた)ラーメンも遜色はありません。保存食としても「生」よりも「インスタント」の方が良いのかもしれませんね。(私、そのあたりの知識が無いもので、お詳しい方は是非フォローください。)