卓球というと温泉場のスポーツというイメージが強いのですが、上達するにつれてその奥行は深く、超過激なスポーツであることがわかります。しかし、久しぶりにピンポンでもしてみるか、といった我々のレベルでは、球技の中でも、本当に間口が広く、誰でも簡単に無理なく楽しめるスポーツです。
 ここであえて説明をするまでもなく、体育館や集会場など、卓球台があるところでは必ず卓球クラブがありますので、施設の方にお尋ねください。少し打てるようになれば、一人でも壁に向かって練習することはできるのですが、やはりお相手がいたほうがいいですよね。
 ヘタッピの内は、ラリーで疲れるということはまずありません。球を打つより、拾う方。台からはずれた球を追って走り、しゃがんで立って、また走るという繰り返し。これが健康には実にいいんですな。この反復の奥義を理解して、この繰り返し自体を楽しめるようになれば、もう相手がどんなにヘタッピでも、イライラしたり、もう二度と来るまい、などと思うことはありません。
 まあ、だいたいクラブに参加すれば、あなたと同レベルの方はおられるでしょうし、たまに「はずれ」の日があってもいいではないですか。気長に鷹揚にお付き合いできれば、気の会う仲間も増えていくでしょう。