泳ぎに自信のある方は、最近はスイミングクラブが手軽に利用できるようになりましたし、また、公営のプールを設置する自治体も増えてきましたので、存分にスイミングを楽しめる環境はあると申せましょう。
 ただ、金槌、息継ぎが今一つ、やたら疲れる、などと敬遠してしまう方も多いようです。水泳は水の中で動くだけで適度な負荷がかかり、無理をしなければこれほど合理的な運動はないといわれています。また、ただ浮いているだけ、でも意識しなくても全身でバランスをとろうとしますので、いい運動になります。
 こうしたことから、歩く水泳が人気です。ただプールの中をうろうろするのもバカみたいですが、今日は○回往復してみよう、とか目標を設定して、休憩をはさみながら歩くとよいでしょう。少し泳げる方は、今日はプールを○周してみよう、という設定でもいいのではないでしょうか。
 水中ウォークも全身運動ですので、部分的に筋肉ムキムキになる心配はありませんし、太りにくい体へ体質を改善する効果もあるようです。
 また、フィットネスクラブやスイミングスクールでは専門のインストラクターの方がおられ、レベルに応じたきちんとしたカリキュラムを用意しているところが多いと思いますので、「このくらい痩せたいんだけど」「こういう理由で体力をつけたいんだけど」など具体的な目的を示して相談されてみてはいかがでしょう。