冬の風物詩!ワカサギ釣るなら今でしょ!

アウトドア&スポーツ ナチュラム

鮎が終わり、渓流釣りも終わるといよいよワカサギ釣りになります。

場所によって若干の違いはありますが、11月頃からいわゆるドーム船(屋形船)での釣りが始まり、氷が張る1月頃から3月頃までが先の狐の穴釣りとなるのが一般的なワカサギ釣りの期間のようです。

ワカサギの生息は、日本海側では島根県以北、太平洋側では利根川以北といわれ、主な原産地は石狩川、網走湖、小川原湖、八郎潟、宍道湖、霞ヶ浦などで、現在は億単位で卵を放流して釣り場にしている所もあるそうです。

ドーム船は、暖房をしてあり普通の冬支度で釣りが楽しめるとのことですが、テントを張っての穴釣りは完全防備でいかないと、すぐに風邪の餌食になってしまい、下手すれば凍死も…。

普通の人が行くところは、周りに多くの方が同じようにテントを張っているので凍死は極端だけど、恐ろしく寒いようですね。

一酸化炭素中毒の方が怖いようで、七輪、レンタン、ストーブの使用禁止を義務付ける釣り場も多いと聞きます。始めて穴釣りに行かれる方は厳寒の中での釣りとなることを十分覚悟しておきましょう。

デザイン性が人気の秘密!買得、防寒ウェア

アウトドア&フィッシング ナチュラム

勝手に行って勝手に釣るようなことはしないように。

初めて行かれる方は、レストハウスや組合などを事前に調べておき、釣り券(遊漁券)を購入すれば、おおよそのポイント情報は教えてくれるでしょうし、竿・エサ・仕掛けなど釣り道具を始め、氷上の穴釣りに必要なドリルやテントから防寒グッズまでレンタルできるところもあるそうですので、まず電話などで確認をしておくことが大切です。

ドーム船も最近は肘掛け付きの回転椅子を装備したデラックスな船もあるようですので、こちらも事前に調べておいた方が良さそうです。

そして、何よりの楽しみは、ワカサギ料理に舌鼓を打つこと。

ワカサギは何よりカルシウム、鉄分が豊富で、ビタミンDや老化防止のビタミンEまで入っている栄養満点の魚だそうです。調理法としては天麩羅や唐揚げ・フライが一般的ですが、甘露煮や佃煮、南蛮漬け、マリネにしても美味しくいただけます。素焼きして酢醤油で一杯。こたえられないでしょうなぁ。

釣り場によっては初心者でも100匹も釣れることがあるそうですが、この釣りはどうも忍耐強く座っていなければならないようで、肩も腰もコリコリという方も多いようです。取ってつけたようですが、下のケアもよかったらチェックしてみてください。

肩こり腰痛改善にお試しを

アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

アウトドア&スポーツはナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム