ウォーキングは他の運動に比べて、格段に負荷の低い運動なので老若男女を問わず、気軽に始められ、長く続けることができます。始めたばかりの時は、なんとなく気合を入れないとなかなか体が言うことを聞いてくれませんが、習慣になってしまえば、風景を楽しんだり、人とのふれあいを楽しんだりと、最初は想像もしなかった楽しみを発見できます。リフレッシュ効果も高いので、肉体だけでなく日々のストレス解消など精神的にも利点があります。

●心拍計や体脂肪計などを使っての健康維持・回復のためのウォーキング
 健康診断などでお医者さんから「メタボ気味だから運動もしなさい」と言われ、あまり気が進まないけどウォーキングを始められた方も多いのではないでしょうか。半ば義務なのでせっかくのウォーキングもあまり楽しめないかもしれませんが、まずはいいチャンスと気持ちを切り替え、毎日きちんとデータを取っておくと、やがてそれが張り合いになってくることも多いようです。そんな時に役に立つのがハートメーター(心拍計)です。心拍数をリアルタイムに表示してくれて、設定心拍数の下限や上限を超えるとアラームで注意をうながしてくれます。つまり心臓に適度な負担をかけた安全なウォーキングが可能になります。さらに、体脂肪計などを使って記録しておくと、健康回復を数字で確認できて継続し易くなります。ご自身で始められたウォーキングの内容を医師に伝え、指導助言を仰ぐことも忘れずに。

●ウォーキング教室
 いざ始めようとすると意外とわからないウォーキング。ウォーキング教室では、だいたいウォーキングを始める前のウォーミングアップの仕方、美しく心地良く歩くためのフォームの指導、歩幅の測定・自分に合った歩き方のエクササイズなどが中心となるようです。市町村自治体が無料で提供するプログラムや有料の教室がありますので、いろいろ調べてみましょう。

●ダイエットのためのウォーキング
 ウォーキングによるダイエットは、効果的なウォーキングをして有酸素運動で消費カロリーを高め、脂肪燃焼をさせてやせることを目的とします。歩き方しだいで、たった10分ほど意識して歩けば、比較的簡単にダイエットになるウォーキングもあるようです。

●屋内で機材を使い、室内でのウォーキング
 雨の日や風の日や外で歩くのは億劫だという方も多いのではないでしょうか。室内でも楽しくウォーキングができる機材が多く販売されています。飽きずに継続できるよういろいろ工夫を凝らしたものもありますので、おって紹介していきます。

 日頃のウォーキングを活かして、名所めぐりをはじめ、旅行先でのウォーキングなど、様々な楽しみ方があります。また、ウォーキングの大会出場を一つの目標に据えてモチベーションを高めていく方法なども長続きの秘訣です。無理のない継続的なウォーキングで、日々のリフレッシュと健康維持をお図りください。